社会福祉演習II(2) - 大久保 薫